読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あみあみ紀行

吾輩はたろである。名前はまだ無い。次何を買うかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所であみあみしていた事だけは記憶している。

HIFIMAN & UM RE1000 レビュー【後篇】

れびゅー いやほん

新年明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしく

 

 

f:id:ultimaudio:20161230153423j:image

 

どっからどう撮ってもイケメンにしか写りません

困ったものです(親バカ

 

 

 

 

かなり鳴らし込みました

ダイナミックだからと期待を胸に毎日エイジングついでに聴いてきましたが

結論から言うとですね

 

化けました 

 

いやぁおもしろい

わたしの期待通りになってくれました

 

 

で、みなさんお待ちかねの音質レビューです

このレビューが果たしてどこらへんに需要があるのかってな突っ込みはとりあえず胸の奥にしまっていただいて

物好きさんの参考になれば幸いです

 

前回のはこちら

HIFIMAN & UM RE1000 レビュー【前篇】 - あみあみ紀行 

 

 

高域  ♫ ♫ ♪

中域  ♫ ♫ ♫

低域  ♫ ♫ ♫ ♫ ♫

 

 

はい 

 

低域、凄い

 

 

いやもうレビューこれだけでいいと思う

モリモリのモリモリ

こういうのが欲しかった

 

◯ーディオテクニ◯ってところがやたらと重低音イヤホン出しまくってるけど何あれ

もはや比べもんにならんね

 

タンバリン鳴らしてるんか?

 

とでも言ってやりたい

それくらいケタ違い

 

 

f:id:ultimaudio:20170104015610j:image

 

グラフ見てよ

どう考えてもキ◯ガイでしょう(歓喜

本当に、頭に悪い低音

100Hzクロスオーバーで低域専用ドライバが載ってるだけのことはある

 

なんかね、こいつで聴くと

えっ…こんな低い音鳴ってたん…?

ってなる

楽曲としては鳴ってたはずの超低音が、イヤホンの再生帯域の加減で今まで表現されてなかった

そういうレベル

なんちゃらだーつってのが低域万歳イヤホンと言われてはいるけどそれを超えてくる

下の下の下まで出る

嘘だと思うなら聴いてみてください

 

 

中域はまあね

D型だから大丈夫よ

フツー

あんまり言うことない

言うことないというか、低域が凄すぎるのと、ちょっと下に書いてる高域の諸々が印象深すぎて影薄い

別に不満があるわけじゃないから中の上ということで 3拍

 

 

 

問題は高域

 

実は先月届いた際に、開けてすぐ、本当にすぐ音を聴きました

普段なら絶対にそんなことしないんですよ

聴きたい衝動を押し殺して、まずは鑑賞会兼撮影会が開かれるんです

しかし今回だけは別

まず聴いた

どうしても気になったからすぐに聴いた

そのときの率直な感想

 

 

 

 

 

高域クソすぎて笑えない…

 

 

試聴機の鳴り具合と、数少ないネットでの評価から、多少は覚悟していました

それでも酷い

とてもじゃないけど聴けたもんじゃない

 

低域ブーストのズンドコイヤホンとは言っても最低限の高域は残していてほしいなぁ

そんな淡い希望が無残にも粉砕されました

 

が、しかし

 

 

 

とくればもう展開は読めるでしょう

はい、エイジングです

 

冒頭に言いました、化けた

 

ベースしか鳴らせないサブカルクソイヤホンが長い年月もとい1ヶ月を経てまとも(?)なレベルにまで昇華したんです

 

 

引っ込むどころか低音にひねり潰されていた高音が、ちゃんと前に出てくるように!

さすがにBAほどの繊細さはないですけど、D型が鳴らしている音としては十分及第点をあげられます

高域が鳴るようになった影響か、低音もしゃっきりと歯切れが良くなって上も下も生まれ変わってうぃんうぃん

キモの低音が良い方向に進化してくれて嬉しい

特に、音量を上げていった方がいい響きになる

あんまり小さいと低域のボワボワ感が気になってしまうのですが、少し大きめに鳴らすとパワーとバランスがいい感じ

 

 

しかもリケーブルすればこれまたすごい

ORB Clear force

繋げてみたんですけど完璧

思った通り高域がいい具合に補填される

専用リケを自作しようかなんて思ってたけどこれはもう買うしかないかなぁ

 

でもまあ、高域不足が改善されてるとは言ってもキラキラな曲はあんまり合いませんね

アニソンとかそこまで…

どうせカスタムは出先とかながらとかでしか使わないから、あまり深く考えてはいないですごめんなさい

ジャズのリアリティがすごいんでそれだけでも満足してます

 

 

ちなみにわたしはご存知の通りDUOを愛用しているわけですが

この組み合わせがまた笑いますよ

ほんっっっっっっとうに聴いていて楽しい

 

 f:id:ultimaudio:20170104194028j:image

色の統一感も重要なファクターではあるんですけどまあそこは置いといてですね

まずはブースト無しで

これだけでもかなり変わる

元からの低域にさらにメリハリがついて、高域もしっかり聴こえるように

 

で、本番はここから

上下のブーストON/OFFであと3パターン楽しめるんですが

高域の不足分をちゃんと、というか余りあるくらいカバーしてくれるし

低域ブーストに関しては脳しんとう

これはもう麻薬

低域好きなら絶対に聴いてほしい

この組み合わせを聴かずして満足しないでほしい

必ず気に入ります 

 

あと、繋ぐものの違いをはっきりと表現してくれるところも楽しいです

かなり出力側の個性に影響されやすくて、DAPやアンプなんかを入れ替えるとかなり音が変わります

音が素直というか、表現力に長けている印象です

そういう意味でも音の変化を楽しみやすいものとして面白いイヤホンじゃないかと思います

 

 

で、現時点で200時間鳴らしたくらいなんですけど

まだ伸びそう

どこまで生まれ変わってくれるのか楽しみ

 

 

でもねぇ

なんというか

ただでさえ人気も知名度も低いもんだから試聴機の再生時間も短いでしょう?

となるとこいつの本当の良さを分かってもらうのはなかなかに難しいんじゃないかなぁ

この域に達していなかった試聴機で聴いたくらいでよく買う気になったなと、昨年の自分が何を思って注文したのか少々謎です

それこそ使い込んだ実機で聴きでもしない限りまあ買おうと思わないでしょう

変態でもない限り

そう、変態でもない限り

 

某ブログ編集部に

「初めてのカスタムに選ぶにはイレギュラーだろうが、既に複数台持っている猛者にとっては、病み付きになる面白さ」

とまで言わしめた変態ホン

これを初カスタムに選ぶ奴なんてはたして存在するだろうか、いや居るはずがない

 

 

結果としては良かったので終わり良ければなんとやらですけど、もうちょっと慎重になるべきですね

別に博打が好きってわけじゃないんですよ

わけじゃないんですよ?

まあ今回に関してはHIFIMANサウンドということで、わたしの好みからしてハズレはないだろうし、ましてやUMまで出てきてるんだから大丈夫なはずと思っていたところが大きかったですね

 

 

 

【おまけ】

酉年にちなんで、新年最初にペリカンちゃんをお買い物

カスタムも届いたことですしひとつくらい丈夫なのが欲しいなと思って

 

f:id:ultimaudio:20170104185004j:image

f:id:ultimaudio:20170104185010j:image

f:id:ultimaudio:20170104185014j:image

(どう撮ってもイケメンなの、そろそろ分かってくれましたよね)

 

相変わらずの赤です

中が見えた方がかっこいいかなと、クリアレッド

もう一個ブラックを買って赤の中敷きだけ入れ替えれて黒×ケースにするための布石です

そのうち買います