読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あみあみ紀行

吾輩はたろである。名前はまだ無い。次何を買うかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所であみあみしていた事だけは記憶している。

acoustic effect YSM-03/R OFC レビュー【前篇】

1年以上恋い焦がれていたイヤホンをようやく自分のものに

 f:id:ultimaudio:20161020225814j:image

 

そう、acoustic effect (通称アコエフ)です

 

発売当初から気にはなっていたものの試聴の機会もなく、一歩を踏み出せずにいました

が、ここはわたしの執念

アコエフさんのTwitterアカウントが存在するということを知り、

「どうにか関西で試聴できる機会を」

と懇願し続けること◯ヶ月

念願叶って大阪のポタフェスにて出展してくださることになり、大歓喜

 

それはもうアコエフのために大阪まで繰り出しまして、開場1番にアコエフブースに猛ダッシュをキメるくらいの意気込みでした

以前からリプライでやり取りをしていたせいか、ブース到着直後開口一番

「もしかしてたろさんですか?」

と中の人に見抜かれる始末

 よほどおかしな奴だと記憶されていたんでしょうな

今更ながらに恥ずかしい

 

しかしまあ恥の甲斐あって、期待をはるかに上回る音を聴くことができ、憂いなく購入へと踏み出せたわけです

現在では大阪のじゃんぱらに実機が置かれているようですので、近畿圏の方はどうぞご試聴ください

 

これだけ思い入れもあり大変大変楽しみにしていただけあって、書きたいことが山ほど湧いてくるので今回も前後篇構成になるかと思われます

どうぞ気長にご覧くださいませ

 

 

 

ではでは開封開封

はやる気持ちを抑えて段ボール箱を開けますと、まずお目見えするのは何やら仰々しい封筒

 

f:id:ultimaudio:20161020205916j:image

 

中には保証書や仕様書に加えて、周波数特性表

 

f:id:ultimaudio:20161020214230j:image

f:id:ultimaudio:20161020214251j:image

f:id:ultimaudio:20161020214235j:image

 

受注生産に加えて、各機の周波数特性を測定したグラフが付属するというオーオタ泣かせ

アコエフさん、よくわかってらっしゃる

そして仕様書ですが、これもまたくすぐられるというかなんというか

商品の寸法や材質が書かれた簡易説明書です

が、このデザインがまたツボを突いていまして

せっかくなので、購入時のお楽しみにと伏せておきます

開封の儀とは言われますがやはり最初の対面がいちばんわくわくするものですよね

 

 

お次は重厚な箱

 

f:id:ultimaudio:20161020214813j:image

 

イヤホンと付属品一式が収納されたこちら

しかしまあただの金属製の箱とは大違い

これもまたアコエフの強みのひとつでしょう

 

とにかく日本製であることにこだわり続けるアコエフ

このケースももちろん例外ではありません

蓋を四隅で固定するネジひとつまで日本製だとか

もはや執念の類

こういうところ、本当に大好きです

 

 

 

そしてついに大本命

箱の中でお待ちかねのイヤホンちゃん

 

すぐにでも聴きたいという焦燥感に駆られながら、ネジを4つも外さないといけないもどかしさが逆に期待を高めてくれます

アコエフ製品はこの箱、その開封までもが大事な演出であると思っていますので、箱の中の様子は割愛させていただきます

こちらも、ぜひご自分の目でご確認くださいませ

(とは言っても他の方のレビューブログ等にはフツーに載ってますので気になる方はお調べになって)

 

では、どうぞご覧あれ

 

 f:id:ultimaudio:20161020220220j:image

 

acoustic effect
YSM-03/R OFC

acoustic effect 

 

 

いやはや

もう感動の涙ですよ

これほどまでに欲しいと思ったものはないと断言できる

そんな素晴らしいイヤホンです

 

現在通常販売されている全6モデルのうち、ボイスコイルがOFCで、かつリケーブルが可能なモデルです

試聴以前はこちらとYSM-04/RS(純銀コイル&リケーブルモデル)とで迷うことになるかと思っていたのですが、OFCの圧勝

04のとんでもなく素晴らしい最高な高域(語彙力不足)に勝るものはありませんが、ウォームさもまたわたしの中での重要ポイントでしたのでこちらに軍配が上がりました

 

両方を聴いたことのある方々が口を揃えて

「どちらも代え難い良さがある」

と仰るので完全に趣向の問題ですね

故にどちらも購入済みのツワモノもいらっしゃって…

羨ましい限りです

 

 

 

細かい音質評価はまた改めてということで、付属品の方に参りましょう

 

f:id:ultimaudio:20161020213630j:image

 

 ・イヤホン

・ケーブル

・イヤーピース(S/M/L)

・フィルター&交換ツール

・ポーチ

・ステッカー

 

 5万円にものぼるイヤホンにしては簡素な内容です(ケースのインパクトが強すぎるせいか…?)

 まあここまで無骨なイメージを貫いておきながらあれやこれやと豪奢なものが入っていてもそれはそれで拍子抜けですが…

 

 

付属品でまず注目すべきはポーチでしょう

 

 f:id:ultimaudio:20161020223159j:image

 

SIWAという、和紙を用いた雑貨を製作/販売しているブランドと提携して作られたもの

SIWA | 紙和

同ブランドの商品のひとつであるコインケースを改良したものと思われます

これがまた味があってですね

購入当初からシワの入った作りで、渋い

和紙とはいえ強度は十分、雨に打たれても破れないほどですので心配はご無用

しっかり使い込んでもらえると思います

 

 

そしてもうひとつ、忘れてはいけないのがイヤーピース

  

 f:id:ultimaudio:20161020224112j:image

 

一見なんの変哲も無いただのイヤーピース

触ってみてもただのイヤーピース

もはやそこらへんで売ってる1000円のイヤホンについてくるものではないかとすら思えてくる、ただのイヤーピース

 

しかし侮るなかれ

この装着感といったらもう筆舌に尽くし難い

かなり柔らかいシリコンで出来ていて、耳の穴への吸い付きがそれはそれはもう半端じゃない

既にオーオタの共通認識にすらなりつつある

「アコエフイヤピは凄い」

という事実

 

イベントで試聴した際にプレゼント、なんて事も過去にありましたので気になる方はいかがでしょう

またイヤーピース単体でも販売されていますのでこちらも要チェック

 

 

 

さて今回はここら辺で留めておきまして、聴き込みが終わりましたら音のレビューへ移ろうかと思います

お待ちあれ〜