読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あみあみ紀行

吾輩はたろである。名前はまだ無い。次何を買うかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所であみあみしていた事だけは記憶している。

あんなものこんなもの~オーディオの喜びを知りやがって~

れびゅー

ここ数日で小物を買いましたのでそのお話

 

まずはプラグ

ちょっと前にWAGNUSさんがNIDEONの新プラグを採用するとかいう話を聞いていましてですね

それでつい最近e☆イヤホンにてリニューアル2.5mmプラグが発売されたということでもしやと思って

しかしまあHPには参考画像がまだ載っていなかったのですが、足踏みしていても始まりませんのでここはアレであると勝手に決めつけて、えいやっと思いきって買ってみました(ダジャレではない。断じてない)

 

それがこちら

 

f:id:ultimaudio:20161012190521j:image

f:id:ultimaudio:20161012190524j:image

NIDEON

NDP2.54SS

 

結果としては思った通りのもので、賭けには勝ちました

スクリューの精度や挿入具合、全体的な仕上がりどれを取っても良品で勝ちというより大勝利とでも言うべきですかね

 

f:id:ultimaudio:20161012190547j:image

f:id:ultimaudio:20161012190558j:image

f:id:ultimaudio:20161012190602j:image

f:id:ultimaudio:20161012190704j:image

 

長さはiriverの純正(?)プラグとほぼ同じ

径は太めです

ケーブルを出す穴がかなり広いため、細めのリケーブルに使用するときは根元周りの固定がキモになるかもしれないですね

 

このプラグ、3000円と2.5mmプラグの中ではお値段少し張りますが、どうやら同価格の中村製作所の2.5mmプラグと同じパーツ(シェルを除いた金メッキパーツ)を使用しているようですので、コスパ面では相応かと思います

絶縁用のリングシールも付属していますのでノイズの心配もご無用

 

 

お次にイヤホンケース

 

f:id:ultimaudio:20161012232617j:image

MUTORY

MT-CS25-RB


1週間ほど前に新発売されたもので、既出商品のちょっとした改良モデル

 

以下、新旧比較

 

f:id:ultimaudio:20161012232608j:image

f:id:ultimaudio:20161012232656j:image

f:id:ultimaudio:20161012232705j:image

f:id:ultimaudio:20161012232708j:image

(左:新モデル   右:旧モデル)

 

色はオールブラックのみで、旧モデルのツートンから愛用していた信者としては若干痛いところ

外形はほぼ一緒ですが厚みが数mmほど増した印象

 

そしてなんといっても貝柱の位置

ここが一番のミソです

マイナーチェンジレベルですがこの差は結構大きい

旧モデルはほんの気持ち程度中心からズレた位置にあったくらいだったのですが新しいのは明らかに寄せてきてる

そういやJHのSIREN姉妹くらいの大きさになると旧タイプだとゆとりが足りなくて収納に苦労するとかいう話を耳にしたこともあったのですが

今回の新モデルは難なく入れられるとの報告がありますので、完全な万能ケースに進化したんじゃないかと思います

 

あと、上蓋のポケットにアミが追加されていて、開けた拍子に小物が飛び出るトラブル防止に

総合しても本当にちょっとした違いなんですがユーザーとしてはありがたいもの

 

 

最後、MMCXリケーブル

市販のケーブルを買ったのなんていつぶりだろうか

自作に目覚めてからは練習ついでに出来上がったケーブルを繋いでたもんで

 

f:id:ultimaudio:20161012233658j:image

onso

iect_03

(型番わかりにくい。とりあえず一番新しいタイプ)

 

この色、いい感じじゃないですか

バーガンディというかなんというか

暗くて渋めの赤色

大好き

 

f:id:ultimaudio:20161012233843j:image

 

RedHotと併せてもやっぱりドンピシャ

発色が抑えめなのでちょっと大人っぽい雰囲気
やっぱかっこいい

 

そして噂通り、取り回し抜群ですね

そこらの数千円イヤホン程度の柔らかさのくせに(言い方悪い)音は良くてこれいいっすわ

 

線材は6N純銅と4N純銅のハイブリッドのようで、中身も新たに

初代ケーブルより2000円ほどお高くなっていますがこれでもU10000

やすい