あみあみ紀行

吾輩はたろである。名前はまだ無い。次何を買うかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所であみあみしていた事だけは記憶している。

Heir Audio Heir 2.Ai レビュー

f:id:ultimaudio:20160907212953j:image

f:id:ultimaudio:20160907214412j:image

 

Heir Audio

Heir 2.Ai

 

つい最近(だったと思う)発売された、Heir Audioのユニバーサルモデル

ドライバ数の違いで多数のモデルが展開されているうちの、最下位機種に当たる2BAイヤホンです

2.Aiを除くその他全モデルはウッドプレートが採用されていて1個1個の模様が異なるとのこと

Heirといえば木目プレートってイメージではありますがこの金属製フェイスプレートもまた◎

 

前々からHeirは気になってたんですよね

この独特の、BAらしからぬ低音

初めて聴いた時に惚れました

あれですね一目惚れってやつです

 いつかいつかと想いを馳せることX年

遂に手元に

感動感動

 

目次

 

 

本体

フェイスプレートは赤色のアルミプレートで表面はヘアライン加工済み

傷がつかない、仮についたとしても全然目立たない仕様なのでありがたいです

特に柄といったものもなく、ブランド名とシリアルナンバーが刻印されているだけです

筐体の形状に関しては完全にわたしの中でのカスタムメーカーの作るユニバーサルモデルのイメージそのものです

2BA機種なのでかなり小ぶりで、耳から飛び出るということはまずないでしょう

ただ、個人的に装着感で少しだけ不満が

詳しい原因はわからないのですが、恐らくはステムが短いが故なのでしょう、イヤーピースが奥まで入り込まないためポロっと取れてしまうことが何回か...

普段使っているものより一回り大きめのイヤピに交換して、ぶっ挿すというより穴に被せるイメージで着ければ解消されましたが、刺さりきってないという違和感は残ります

ここは要確認事項ですね

 

付属品

  • イヤーピース
  • ハードケース
  • クリーニングツール

とまあよくある組み合わせ

 しかしこのイヤピが少々謎でして

3種3サイズで計9個ついてるんですけど、ダブルフランジ3サイズを除いた残りの2種がよくわからない…

 

f:id:ultimaudio:20160907215346j:image

f:id:ultimaudio:20160907215351j:image

赤と青なんですけど、違いは"茎"の厚さと謎の耳垢ガード(?)の有無

この耳垢ガードらしきものも、一本線が通ってるだけで役に立つのか怪しいところ

厚みの違いで柔軟性が異なるのでそれを狙ったのかな…?

まあ確かに装着感は違ってくるのでいいのかな

ちなみにわたしは青推しです(と言いつつもSpinFitを付けてます) 

 

音質

そしてそして音ですよねもちろん

一言レビューシリーズ第2弾

今回のHeir 2.Aiは、柔らかBA

 やっぱり試聴した時の通り、低域がつおい

かぁなぁり響きます

まあそれを期待して買ったから万々歳なんですけどね

ただ某ヘッドホンのような暴力的(言葉悪い)なものではなく、包み込む優しい音です

低音にも色々ありますからねぇ

そのため

低域強い⇒EDM系

というのは早計でして、こいつはそういう類にはあまり合わないかもしれないですね

が、わたしの好きなタイプです

 

あとは中高域ですが

低域の強さも相まってここは控えめです

BA独特の明瞭なヴォーカルや煌めくハイとは異なる性格を持っています(BAなのに)

ボヤけるとまでは言いませんが、やはりここをウリにしているようなfinalなどの音と比べれば完敗です

なんども言いますが、買った当人は低音の強さに惚r(以下略)

 

総評

ということで、全体としてはウォームというありきたりな表現に尽きます

モニターではなく完全なリスニング向けイヤホンです

上位機種に当たる、ドライバ数が5,8,10の各モデルが数字の前にIEMを冠しているくらいなので、モニター向けはむしろこちらと言いたいところですが...

少なくとも8と10は聴いたことがあるのでわかりますが、彼らに関しても低音の押しの強さは一級品で笑ってしまいます

とにかく。あまり細かいことは考えず、楽しく気軽に聴きたい人はどうぞ