あみあみ紀行

吾輩はたろである。名前はまだ無い。次何を買うかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所であみあみしていた事だけは記憶している。

Black Friday Deals

VORZÜGEのセールについて記事を書いたり、偶然鉢合わせたサイトで欲しかったカスタムが安くなってて勢いで購入したりと最近個人的にブラックフライデー色が強いです

他にもどこがやってるんだろうかと思いつくポタオデメーカーを適当に検索してみたところ、やっぱりというかなんというか、セールしてるところが結構あったのでせっかくと思ってリストアップしました

相場としては2割引きが大半なのですが、メーカーによっては半額かそれ以上の割引率になってたりもします

これを逃せば次の大々的なセールはまた1年後のBFセールになるでしょうから、もし気になるものがあれば迷わずポチりましょう

続きを読む

まさかのカスタム

カスタムをオーダーしてしまいました

HIFIMAN RE1000に続くわたしの2つ目のカスタム、LEAR Turboが届いてまだ1ヶ月やそこらだってのにもう次の機種です

我ながら阿呆だなとは思いますが、言い訳だけさせてください

全てはセールが悪いのです

そう、ブラックフライデー

これもうね魔境ですわ

VORZÜGEセールの件でも記事を書きましたけど、海外メーカーって揃いも揃ってこの時期になるとセール一色なんですよね

値引き率の相場としてはどこも大体20%ほどで、かなりお買い得になってます

これを逃すと1年先になるのかなぁなんて考えると買ってしまうのです

そういうものなのです

続きを読む

HIFIMAN RE800J 試聴レビュー

f:id:ultimaudio:20171108064728j:plain

HIFIMAN RE800J

 

前回のFXA11に引き続いてヘッドホン祭での試聴レビューになります

5月末に発売されたRE800のマイナーチェンジモデルとなるRE800J

RE800と同時期に発売されたRE2000が2pinリケーブル対応であったことを受けて国内から

「RE800はリケーブルできないの?」

という声が多かったんですよね

だからって本当に作っちゃったとか言い出すもんですからびっくりです

またRE800Jの発売に伴ってRE800の販売は終了するとのことで、完全に移行してしまうつもりのようです 

 

過去に試聴機をお借りしてRE2000とともにRE800のレビュー記事を書いておりますのでこちらもご参照ください

続きを読む

VORZÜGEセール情報

f:id:ultimaudio:20171105202954p:plain

VORZÜGE直販サイトにてブラックフライデーセールが行われているのでそのお知らせです

アンプが全モデル20%OFFという大特価

現在では国内販売代理店が存在しないため、オーディオ専門店が中古品こそ取り扱ってはいるものの新品を手に入れるにはこちらから直接購入するしかない状況です

これを機に皆さんもVORZÜGEデビューしてみませんか

以下、セール価格一覧

 

VorzAMPduo        $520.00   $416.00 ≒ ¥47,500

VorzAMPpure           $430.00   $344.00 ≒ ¥40,000

VorzAMPpure II        $565.00   $452.00 ≒ ¥51,500

VorzAMPpure II +     $615.00   $492.00 ≒ ¥56,000

VorzAMPduo II         $799.00   $639.20 ≒ ¥73,000

※$1=¥114での概算

 

期間限定ということで恐らくは11月24日あたりまで開催される予定なのでしょうが、セール用の在庫も限られているようなのでご購入を検討中の方はお早めに

またいずれかのアンプとの同時購入でアクセサリー類(ミニミニケーブル、交換用充電池、専用レザーケース)が全品25%OFFとなるのでこちらも併せてぜひ

 

duoとduoIIを愛用している身として、もっと皆さんにVorzAMPの良さ凄さを感じてもらいたいと思ったわけです

以上、ただの布教でした

 

Fender FXA11 試聴レビュー

f:id:ultimaudio:20171105190413j:plain

Fender FXA11

 

イベント参加に関する記事投稿はこれが初めてだったりするのです

なんだかんだで面倒になって書かず終いということばかりで...

今回のヘッドホン祭は初日のそれも2時間弱だけの参加だったこともあり、試聴数もごくごく限られていたのでそれなら書くのも簡単かなと思った次第

限られた時間内で得た情報を数日に分けて小出しにしていくつもりです

 

まずはわたしの個人的大本命から

非常に期待していたにもかかわらずそれを上回る完成度だったことから、購入時のレビューにも匹敵する分量になってしまっています

音の好みが相変わらずなせいで需要のよくわからない商品に限ってレビューに気合が入るものですから、果たして誰かの役に立つのやら

まあ、初代ラインナップのフラグシップモデルを買い戻して愛用しているほどにAurisonicsの音が大好きなのですから仕方がありません

今回のレビューは好きなブランドの布教も兼ねているのです

続きを読む

極度の低音厨がBeatsに失望した話

Beats by Dr. Dre

通称Beatsと呼ばれる本ブランドは2008年の創設以降、ヘッドホンを中心にイヤホンや小型スピーカーなど数々の商品を展開しており、ポータブルオーディオ界の旗頭として今もなお絶大な人気を誇っています

デザイン性の高さから一般層の信頼も厚く、おしゃれなヘッドホンの代表格ともなっています

創設時から一貫して低音に重きを置いた音作りを行っており、昨今の重低音ブームの火付け役となったメーカーと言ってもいいでしょう

反面、その低音を重視しすぎた音質傾向がゆえにオーディオマニアからの受けは非常に悪く、酷い音のヘッドホンの筆頭として取り上げられることもしばしば

酷評が過ぎるため、名前こそ聞いたことはあるものの試聴はおろか手に取ったことすらないという方も多いことでしょう

1年ほど前にしれっと発売されたBeats EPという廉価ヘッドホンが思いのほか綺麗な音だとちょっとした話題になったこともあってか、マニア間でのBeatsに対する評価は最近になって少しづつ見直されつつあるのですが、未だに条件反射的に批判を浴びせる人も少なくありません

 

f:id:ultimaudio:20171104012435p:plain

今となってはこうしてモンスターと肩を並べることもないのです...

 

そんなBeatsのヘッドホンについての個人的な愚痴と愚痴と愚痴をさらけ出していこうかと思うのですが、まず初めに断っておかなければいけないことがあります

タイトルにもある通り、筆者であるわたくしたろは超が付くほどの低音好きでして、むしろBeatsに関しては(一部のモデルを除いて)そこそこいい印象を持っているということ

低音が大好きなくせにBeatsに対する評価が"そこそこ良い"のはいかがなものかと思われましょうがそこはまあ後述するとして

簡単な話、わたし自身Beats製品を愛用しているわけなのです

オーディオマニアとしてBeatsへ苦言を呈するともなれば、その余りに極端な音に対する一方的な批判と思われがちですが、あくまでBeatsに関してはプラスの印象を持っている立場からの意見であるということを重々承知していただきたいです

続きを読む

ビンテージとは

f:id:ultimaudio:20171102190020j:plain

ビンテージ線を用いたミニミニケーブルです

と言ってもレア物というわけでもなく、千石で売ってたのを発見しまして

見た目が格好良かったということもあって初ビンテージにはうってつけかと思い、試しに買ってみたというだけです

一応1950年代に作られたものとのことですが素材や製造会社その他詳細は一切不明

ビンテージ線材特有の熟成された臭いがプンプン漂ってきますので、古いものであることだけは間違いないでしょう

けっこう前に作ったまま下書きに放置されていたものを今になって投稿しています

続きを読む